リッピング・デバイスによる音質向上の試み。


さて、JPLAYでの再生により、デジタル・トランスポートの品質改善には、およそ限界が見えてきたので、考えてみたところ、なんとなくCDのリッピング・デバイスが気になり始めました。手元にiFI iPurifier2 があることもあり、リッピングのデバイスで音質改善が可能か、調べようと思います。

まずは現状ですが、このように私のメイン・デスクトップ・パソコンのフツ―の内蔵ドライブです。

① 現状:

パソコンそのものは前にも紹介したと思いますが、PCデポのストア・ブランド、O'zzio のMicro ATXサイズで、Intel Core i7 3770 3.4GHz 搭載、メモリ12GB、SSD250GB、Windows 10 Home です。電磁波吸収材などをペラッと置いた以外、なんらノイズ対策をしていません。

ようするに作業性第一で、ガリガリ、バリバリと強力に作業するためのもので、典型的なノイズの森と思われます。この中に、音楽データの取得、及び編集専用の3TのHDDが御座います。書いてみても、決して理想的な環境とは思えず、むしろその反対のような気もしてまいります・・・。

とりあえず、比較用に持ち出したのがコレ。

② I-O Data Portable DVD Drive:

こちらも、とてもオーディオ用とは思えない代物ですが、なんでも手元にあるものからやってみるのが、私の方針です。調べると、パイオニアのオーディオ用ドライブ、BDR-S09J-X +ラトックのドライブ・ケースが良さそうなのですが、まずはお金をかけずにテストします。

ケーブルですが、XCYミニPCのOSインストールなどにも使っただけのもので、ドライブに付属していたUSBミニへの変換ケーブルに、なぜか50センチのUSB3.0 の延長ケーブルが繋がっています。問題なく、リッピングできました。

ようやく少し、オーディオっぽいような?写真。

③ iFI iPurifier2 を追加:

iFI iPurifier2 を繋ぐために、USB3.0 のAオス-Bオスの1mケーブルと、USB Bメス-ミニUSB(5 pin)オスの変換コネクタを用意しました。

で、パソコンに繋いだところ、認識しません。モサモサ動いていますが、頼りない感じです。考えまして、バスパワーをiPurifier2 経由では電力不足であろう、と思い付き、ドライブ付属のACアダプタを探し出して繋げたところ、みごと認識されリッピングに成功しました。

ちなみに、上下逆ですが5V 2A のスイッチング式ACアダプタです。当然、これもノイズを出しますが、プラグが5.5/2.1 などの標準ではなかった(外形4mm?)ので、バッテリなどのクリーンDCの供給はとりあえず断念しました。まあ、そーゆーのを取り除くのが、iPurifier2 の役目だとか、言い訳・・・。(右側のは、ミニUSBへの変換プラグの入っていた袋。)

さて、メイン・システムでJPLAYを使った音質チェックです。

結果ですが、②が若干静けさに劣る感じですが、大差ありません。理由としては、②はバスパワーでしたので、不安定であった可能性があります。そもそも、リッピング・ドライブを変えても、パソコンの中までくればノイズの森、というのもあるかも知れません。

LAN転送や、JPLAYで波形が直された可能性もあると思い、サブ・システムでも聞いてみましたが、こちらも大差ありません。サブ・システムは、メインPCにSONY UDA-1 というDAC付きアンプを繋げただけのもの。

そもそも、この実験で今までのリッピングに問題があったことにしたくない、というバイアスはあります。すでに1,000枚程度のリッピングをしてしまったわけで・・・。

さてこの先、リッピング品質の改善を試みるのであれば、どんな手があるでしょうか?

a) ノイズの少ないPCを用いる。

クリーン電源を供給され、AOでOSの動きを抑えているXCYミニPCなど。

b) オーディオ用のドライブを試す。

Pioneer BDR-S09J-X +ラトックのドライブ・ケースなど。クリーンなDC12Vで駆動させる。

c) 他のUSBアイソレータを試す。

ヒューマンデータのUSB-029H2-RPなど。

d) HDD自体をアイソレートする。

内部のSATAではなく、USB接続にして、アイソレーターを挟む。クリーンなDC12Vで駆動させる。

a) は、リッピング・ソフトであるdBpoweramp を別のPCに乗せるのに費用が掛かるか?AOを導入したPCで動くか?などを調べる必要があります。XCYミニPCにWindows 10 Proを載せる計画はありますので、その時に可能でしょうか。

b) は、当然費用が掛かりますが、中古なら3万円以内でしょうか。大型12Vトランス電源はあります。

c) は、メイン・システムのUSB出力改善で、入手予定があります。

d) は、ロジテックのHDDケースを持っていますし、HDDは取り出しやすい用になっていますので、可能ではあります。大型12Vトランス電源あり。理屈上は、ここでアイソレートしてしまえば、パソコンのノイズの森からは守られるような気もするのですが・・・。まあ、ノイズは発生させない、受けない、の両方必要なんですけどね。

アイソレータが複数必要になりますね。一つだけなら、再生用に入手したUSBアイソレータをリッピング時だけ流用することはできるのですが・・・。

a)~d) まで4つ全部やれば、おそらく理想的なリッピング環境だとは思うのですが、それでどれだけ音質が変わるのか・・・。変わるとしたら、今までのリッピング・データをどうやって、修正するか、悩ましいですね。図に書いてみました。

もう一つアイデアが浮かんだ。

e) データ保管側をSSDにする。

電源をクリーンにしても、モーターなどが動けばノイズは出る。であれば、内臓SSDであればアイソレートはできないが、データ取得に機械駆動を無くすことができる。CDは一枚800MB程度なので、1GB程度の空きを確保し、NASへの転送ごとに消去すればできる。テスト的には、メインPCの内蔵SSDでよい。外付けドライブにすればアイソレートも可能。

まあ、バックアップとかには、HDDを使いますけど・・・。

a) のdBpoweramp についてですが、当初注文時のOrder Number というのを見つけ、Registration Retrieval というところで入力すると、過去の注文履歴が現れました。私はSingle PCでの注文でした。Offer をクリックすると、新たに最新バージョンは50%OFFの20ドルで買えるとあります。ちなみにFamily Pack で5台までは、34ドルだそうです。


Featured Posts
Recent Posts