JPLAY ∼700Hz確認用レンタル・セット始めました!Started a rental set for JPLAY 700Hz confirmation!


JPLAYの音質は、JPLAY Setting がすべてではありません。

私は、十分条件ではなく、必要条件と考えています。例えば、DAC Link 700Hzがキチンと鳴り続けることができるシステムで、お気に入りのDACの能力の関係で170Hzで聴いているのと、170Hzでの伝達がギリギリのシステムで聴いているのとでは、システムの安定性と音質に違いがあると思っています。この辺りを調べるとなると、XMOS搭載のDACを買う必要がありますが、それをレンタルで済ませられれば、一定の需要は満たせると考えました。

内容は、iFi micro iDSD とチーター・ノイズレスUSBケーブル、CNU-1 plus for iDSD Special です。CNU-1 については、こちらをご覧ください。iDSD Special では、新たに敢えて外出ししたバスパワーをノイズ処理して、またDACに戻せるという仕組みも付加しました。お試しください。

残念ながら、一般に人気のある商品のレンタルにはイタズラ入札が多いため、5万円の保証金を頂くことにしました。ご理解のほどよろしくお願いいたします。返却完了後、直ちに返金致します。

ウーバーが始めた、レンタル・エコノミーのチーター・コンサルティングにおける試みとなります。

ついでに、新規性のある出品を二つ行いました。JPLAYの導入労力を多少なりとも軽減するためのものです。

 JPLAYなど用プライベート・ネットワーク、レジストリ登録File

 Windows Server 2012 R2 評価版から製品版への移行用コマンド

両方とも、慣れないで勉強して作ると、30分から1時間くらいかかるのではないでしょうか?その労力を数百円なら払うという方、どうぞご利用ください。興味のある方は、本ページ一番下の、「ブースに買い物」をクリックしてください。


Featured Posts
Recent Posts