光回線ONUのクリーン電源も重要!Clean power for ONU for optical internet is important, as well.


光回線を1Gのフレッツから、2GをうたっているSONYのNUROに変更しました。安くなるし速くなるとの電話セールスの言葉に疑心暗鬼ながら・・・、ハイレゾのダウンロードが早くなると嬉しいと思い。

で、実際のところ、速度ですが、BNRスピード・テストで測ると下りは400Mbps弱で若干上がっただけど、フレッツの方が安定していた感じ。たまに100Mbps以下になる・・・でも、上りは250Mbps程度とメチャ速くなりました。

また、NUROのサイトの測定だと、下りは400Mbps程度でかえって遅くなった?感じだが、何度測っても上りがなんと900Mbpsと10倍くらいに跳ね上がった!

っということで、クラウドとかにハイレゾ・データを保管する方には、NUROはおススメのようです。(配線などがわかるよう、後ろにはいつも鏡を置いています。)

実はフレッツの方は、ACアダプタではなくトロイダル・トランス式でDC12Vを供給していましたが、NUROはACアダプタのままでした。こんなところにトロイダル・トランスを繋ぐ人は、10年仕事してきたが見たことない、っと工事の人に言われちゃいました。

フレッツのONUを返送するにあたって、この二つの音質を比較したところ、結構大きな差があります。NUROは少し眠い音・・・。で、フレッツの供給していたクリーンなDC12VをNUROの方に供給すると、直りました。もっと早くすべきでした・・・。

音質は、有線のネット・オーディオで確認しました。(ちなみにDCプラグですが、フレッツはEIAJ No.4で、NUROは普通の5.5mm/2.1mmのものです。それと、うちの場合はNUROはフレッツの回線を使っているようで、外部工事はNTT東日本が来ましたね。な~んだ、というか。)

でも、JPLAYの方は、あまり変わらない気がしています。おそらくですがノートPCへは無線(Wi-Fi)で入るのでそのメリットがあると考えられます。絶対有線が良いとか、信じない方が良いかも知れません。何事にもその環境でのメリット・デメリットがありますから。ONUの電源までクリーン化できないなら、無線の方が良いかもということです。

こちらが、棚の上の超大型トロイダル・トランスで、12Vを3機まで余裕でクリーン化できます。IOデータのバックアップ用NASへも楽々と供給できています。ACアダプタでゴチャゴチャしないのも良いですね。一応、紫のがAC電源ケーブルです。

終わってからはたと気が付いたのですが、だったらAirMac Extreme もクリーン電源化すべきなのではないかと。

余っている12V電源を持ち出し、テストすると予想通りかなりの改善が見込めます。トランス式ACアダプタを置く位置がないと思い、今まで試してもいなかったのですが、なんとか見つけました。もう一つの理由として、AirMac Extreme のDCプラグが白くて普通のものと思えなかったことがあります。やってみると、普通の5.5mm/2.1mm のDCプラグでした。Macは独自規格が多いので勘違いしていました。皆さん、Wi-Fi ルータなども電源クリーン化は重要です。


Featured Posts
Recent Posts