ネットワーク・オーディオ・プレーヤーの音質改善方法!


ネットワークオーディオを始めている人にとっては、最初から高額なネットワーク・オーディオ・プレーヤーの機種を買うのにはためらいがあるだろう。使い方も分からないからだ。そこで、エントリーモデルを使うことが多いと思う。これの抜本的な音質改善の簡単な方法がある。既存のSACDプレーヤーを活用するのだ!

たいていのSACDプレーヤーには、デジタル入力があり、これに繋ぐことにより今まで気に入っていた音質の方向へネットワーク・オーディオ・プレーターが変身する。これは、ネットワーク・オーディオ・プレーヤーにとっても、音質の決定的な要因はDAC部分にあるからだ。さらに多くの場合、SACDプレーヤーを凌ぐ音質になる。それは、光学読み取りよりもHDDでの読み取りが、遥かに高速で正確であり、またそのデータをTCPCIPでDACにまで正確に送り込むことができるからだ。そこで考えて頂きたいのがチーター同軸デジタルケーブル、CDC-1 である。理由は、チーター同軸デジタル・ケーブルの解説に!


Featured Posts
Recent Posts