モバイル・オーディオ派にとって、

For "Mobile audio users,"

 

モバイル・オーディオ派にとって、ネットワーク・オーディオを導入するメリットは何でしょう?それは、第一に家にいる時、イヤフォンを外しても音楽が聴けることにあります。アホらしいので読むのを止めた、と言わないでください。1979年にソニーがウォークマンを発売するまで、モバイル・オーディオは存在しませんでした。当時は、イヤフォンをし頭の中で鳴る音楽をとても新鮮なものと感じ、場所を選ばずに音楽を聴けるという文字通りの大発明でした。近年、スマートフォンなどを置くことによりその中の楽曲がなるような機器が発売されてきましたが、それらを家電店で試聴しているカップルを見ると1979年と正反対のことが起きています。彼らは、「自分の音楽」がスピーカーから出て、同時に複数の人が聴こえることに新鮮さを感じているのです。イヤフォンをしないでも音楽を聴けるという開放感、圧縮音源が良いとかいう以前に、これを自室に持ち込んでいただきたいのです。

What are the benefits of introducing network audio for "Mobile audio users?" Firstly, you do not have to wear earphones at home to listen to music. Please do not quit reading this, as bull shit. Mobile audio did not exist until SONY started to sell Walkman in 1979. At that time, the sounds, happening in the brain by wearing earphones, felt completely new experiences, and it was literally a great invention with which you can listen to music, anywhere. Recently, audio apparatuses have been sold, which can play music in the smart phones up on them. I found that completely oposite thngs to those in 1979 happen when observing couples putting on their smart phones on those apparatus. They feel magical in the situation where their "own" music is played by speakers and enjoyed by multiple people. Comfortableness of not wearing earphones to listen to music is the first thing I would lke you to bring home, before the discussiions if lossy files are bad or not.

 

 

 

賢い読者は、スピーカーから出るだけならオーディオなら.なんでも良いではないか、ネットオーディオである必然性は?と質問してくれるでしょう。ネットワーク・オーディオはCDなどの盤を必要としません。音源にデータを利用します。ですので、今モバイル派が楽しんでいる音源を流用できるというメリットがあります。さらに大きなメリットは、モバイルのデータ容量制限から解放されるということです。ストレージ・デバイスは年々進化してきましたが、それでもモバイルの上限は限られていました。据え置き型ならいかようにでもテラレベルでサーバーの容量は増やせるのです。これにより、もう音楽を圧縮する必要が無くなるのです。

Wise readers would ask me if I simply want them to have speakers at home, any audio should be fine. So, what is the benefits of network audio? Network audio does not use disks as CD, etc. but use data files as sources. So, there is quite advantages to be able to use the music files that Mobile users currently enjoy. Next advantage is to be released from mobile storage sizes. Storage devices are grwon year by year, but you still have the maximum ceiling in mobile data storage. Now with stationary audio, you can increase the server sizes, as you want in the order of Tera Bytes. By this, you are allowed not to compress music files, any more.

 

 

 

それでは、何を買ってどうすればよいのでしょう?実はモバイル派と言ってもまたいくつかのタイプに分かれます。もし、音源をスマホ自身でダウンロードし入手していて、パソコンは持っていない場合は、まずはパソコンを買いましょう。パソコンを持たずともCDをリッピングしたりする道具は売られていますが、すべてをパソコンなし対応機器で揃えるのは非効率です。購入する場合にお勧めなのは、安くて性能の高いデスクトップタイプです。ノートパソコンが場所を取らないのは事実ですが、小型化された部品は割高な割に耐久性が良くありません。日本のパソコンメーカーがこぞって発表している一体型も高いだけで、ノートパソコンと同じ部品を使っていますのでお勧めできません。デスクトップはDELL、HPなどの外国メーカー製か、パソコンショップのストアブランドでも構いません。7万円くらい出せばIntel i7 などの最高のCPU、12GB以上のメモリのものが買えるでしょう。スクリーンは1万円台で買えます。買ったパソコンは当然インターネットに接続する必要があります。高速な光インターネットがお勧めで、月に6,000円程度の費用がかかりますが、これはオーディオだけでなく幅広く生活に使えますので、心を広く持ちましょう。

OK, then what should i buy, and how does it workds. There are some types among Mobile audio users. If you download music by smartphone itself, and do not have any PC, the first thing you buy is PC. There are some" No PC" devices, such as that can rip CDs, but it is not effective to set up all with "No PC " devices. Recommended type of PC is reasonably priced, and powerful desk top. Note PC does not take space, but small sized componets are expensive, but not durable. Screen-integrated PC of Japanese PC manufacturers are too expensive and using the same components with not PC, thus cannot be recommended. Desk top PCs are available from overseas PC manufacturers, or PC shop's store brands are fine. With around 70,000 yen, you can get a nice one with best performance CPU, such as Intel i7, and a large memory of more than 12GB. The screen would cost less than 20,000 yen. Your PC must be connected to internet, and broadband internet would cost around 6,000 yen/ month, but this can be used not only for audio, but for many aspects in life, so, let's be spontaneous!

 

 

 

インターネット接続されたパソコンをすでに持っている場合、どうすれば良いのでしょうか?一つの方向性は、PCオーディオを始めることです。PCオーディオに必要なのは、USBケーブル接続によるDAC (Digital to Analogue Converter)、音を増幅するアンプ、スピーカーとなります。ほとんどのネットワーク・オーディオ・プレーヤーは、USB-DACとして使えますので、ネットワーク・オーディオも視野に入れる場合はおすすめです。最近はアンプを内蔵したアクティブ・スピーカーというのもあり、入門用には便利です。或いは、ネットワーク・レシーバーというものであれば、ネットワーク・オーディオ・プレーヤー、USB-DAC、アンプとして機能しますので、スピーカー以外はすべて補えます。また、パソコン上に音楽を演奏するプレーヤー・ソフトが必要ですが、iTunes などモバイルに使っているソフトが使えます。

If you have a PC connected to Internet, what should you do? One option is to start PC audio. For PC audio, you need a DAC which is connected to PC by USB cable, an amplifier which amplyfies signals, and speakers. Most network audio players work as USB-DAC, so they are recommended, if you have any chances to begin network audio in future. Recently, active speakers that contain amplifier became popular, and convenient for beginners. Or, network receivers contain network audio player, USB-DAC, and amplifier, thus except for speakers, everything is in them. You also need a software music player on your PC, and the software for your mobile audio would work for that.

 

PCオーディオで、音質を良くするポイントは非常に多いのですが、ここでは詳細は触れません。項目のみを挙げておきます。本当に音質に興味が出た場合は、PCオーディオで改善するよりも、ネットワーク・オーディオに移行した方が効果的です。

There are very many ways to improve the sounds of PC audio, but I do not go in detail, here. I will note the points. If you became really interested in sound qualities, it is more effective to move to network audio, than to keep improving PC audio.

 

 ①CDをリッピングする時に劣化させない、ハイレゾ音源を利用する Do not use lossy formats when ripping CD, and use hi-res.

 ②パソコン内での処理を音質優先にする Put priority on sound quality in PC processing

 ③USBケーブルのバスパワーノイズの対策を取る Isolate bus power noises on USB cable

 ④より良いDACを使用する Use better DAC

 ⑤より良いアンプを使用する Use better amplifier

 ⑥より良いスピーカーを使用する Use better speakers

 

 

 

 "cheeTarh Consulting" provides uniquely designed and  hand-made in Japan audio accessories, to significantly enhance the performances of your home audio systems. You will be surprised by the "cheeTarh Magic."
 
「チーター ・ コンサルティング」は、ユニークな発案を基に、日本で手作りされたオーディオ・アクセサリを提供しています。あなたのホーム・オーディオのパフォーマンスを大きく向上させます。きっとあなたも、「チーターの魔法」に驚くことでしょう。
1/9